紹介屋の手口

初めて借りる方は、消費者金融金利が安いところを探そうとしますが消費者金融の場合金利が安ければいいのではなく、大手でCMなどで宣伝している消費者金融や銀行グループの消費者や金融をおすすめします。

 

悪徳消費者金融は、身近な雑誌や新聞などに多く紛れているのでちゅういが必要です。

雑誌とかに載せているのだから安心と以上に低い金利にひかれてお申込みの電話をすると大変なことになります。

 

ほぼ雑誌とかに載っているのは、紹介屋が多いです。

広告も通常の消費者金融よりも低い金利や他で借りられなかった方やブラックでも貸しますとあったらほぼ紹介屋か闇金関係です。

 

かけてしまうといろいろ聞かれて審査しますので30分後連絡しますといったん切って

待っていると電話がかかってきて審査したのですが当社では貸せませんが他の消費者金融で貸してくれるところを紹介できますとまず行ってきます。

 

その時点で断れば被害はないのですが、やさしい丁寧な言葉に多くの人が紹介を頼んでしまうことになります。

 

そして紹介料として融資額の1割から5割振り込ませて紹介するのは、住所のみの場合があります。

 

実際に、その住所に行ってみると大手の消費者金融の場合が多いです。